スキンケアの最近のブログ記事

思春期から出始めたニキビ。大人になっても時々出ますが、自分に合った「シンプルケア」に辿り着いて、今はあまり気にならなくなりました。

思春期は鼻、それも私の場合は「小鼻」だけでなく「鼻尖」「鼻穴のすぐ下」など、あまり見た目が良くない上に目立つ場所にできやすく、毎日朝から晩まで憂鬱でした。おまじないにまで頼りました。いじるといけないと走りつつ、治っているかどうか気になってつい触って確認してしまうという悪循環。ティーンズ誌の特集を熟読し、丹念に泡立てた洗顔料で毎日小鼻を丁寧に洗うのは勿論、洗顔料を直接ニキビに塗ってからの洗顔も頻繁にしました。今思うと、やはり触り過ぎていた気がします。目元ヒアルロン酸

当時、「油分が原因!」という思い込みや、ティーンズ誌で「10代は皮脂の分泌が多いから不要」という記事から乳液は使っていませんでした。それどころか、化粧水も。でも母や妹に「水分不足が原因じゃない?」と言われ、それからカネボウのニキビ専用化粧水をつけるようになりました。効いた(気がした)のは就寝時に使う塗り薬・貼り薬で、ビフナイトを愛用していました。それから、休みの日や、あまりにも目立ってしまうとき・気になって触り過ぎてしまうと自覚した時は絆創膏を貼って過ごしていました。

それから徐々に数や頻度が落ち着いてきて、部位も顎のあたりに変化しました。数年前に雑誌記事でクリニークのアクネスポッツジェルを知り、即効性が感じられたので、今も時々使っています。その際、メーカーの方に紹介されて知ったのが「ふき取り化粧水」のこと。ニキビができるメカニズムを知って、ふき取り化粧水に興味を持ち、口コミサイトでいろいろ調べました。おすすめ度の高さから、尊馬油とオードムーゲを愛用するようになりました。それから肌が安定するようになって、今は生活リズムが乱れた時(食事・睡眠)やストレスが多い時(化粧品営業だった従姉曰く)に時々できるくらいです。

評価が高いこと、昔から使われ続けている(支持されている)こと、肌に悪そうなものが入っていないことで、安心して使用できます。コストパフォーマンスも高いです。

ニキビができるメカニズムは思春期と大人で違いますし、医学も日々進歩しています。正しい知識を積極的に収集して、自分が「使っていて気持ちいい」と思えるケア用品・スキンケア方法に出会うことが重要だと思います。

ニキビに悩みだしたのは大学の頃からです。それまでは、風呂上がりにも、化粧水や乳液すらつけたことなどありませんでしたが、友達からもうらやまれるぐらいの、卵肌であったと思います。

それが、ずっとしていた体育会系の部活を辞めたことで、太りだしたため、ダイエットをはじめた頃から一変しました。

おでこに小さな痒みを伴うニキビが出来始め、しまいには、1番目立つ頬や口周りまで赤ニキビができはじめました。

また、メイクもしはじめたため、余計に負担になったのかもしれません。とにかく毎朝みる自分の肌にがっかりし、メークにも気合いが入りません。

ダイエットしなければ、さらに外見は最悪なことになると自分を追いつめ、悩み続けました。目の下ふっくら

そんな時たまたま大学のイベントにきた美容ブースをのぞきに行った際、担当の美人なお姉さんに言われました。「私もあなたと同じような時期があるのよ。」と。

お姉さんもまた、ダイエットをきっかけに、肌の体質が変わり、ニキビや乾燥に悩んだのだと知りました。

「薬やクリームも大切だけれど、まずは中をケアしてあげて」と。

そして以下の3つについて言われました。

①食べないダイエットでは肌だけではなく、身体の全てが枯れてしまうこと。

②睡眠は質のよさにこだわること。

③必要以上に鏡を見ないこと。

鏡についてのことは、びっくりでした。私は常にポケットミラーを持ち歩いていたので、意外でした。とくに私のように生真面目なタイプは、鏡をみてニキビをみると、必要以上に肌を触り、ニキビを潰し、何とかしなくてはいけないと手を出しすぎてしまうということのようです。

ニキビも肌荒れも、全てが体の自然な反応で、サイクルを終えないと修復できないのだから、待つしかないということを言われました。

それ以降結果をすぐに求めずに、長い目での結果に期待するようになりました。