健康の最近のブログ記事

鼻をよくすすっていたので母から言われ病院に行きました。診断はアレルギー性鼻炎。朝からサラサラの透明な鼻水・くしゃみが出始め、午前中はずっと続きます。風邪もひいていないのに、訳もなくくしゃみと鼻水が出ます。現在も継続中で常に鼻の周りは鼻水でかぴかぴになります。花粉の時期になると、特にひどくなり、一番ひどいときは自分でも鼻水が出ていることに気づけない時があります。声をかけられ「鼻水がでているよ。」と言われたときは、たらーんと漫画のように鼻水が垂れていました。くしゃみも出続けます。ハンカチやティッシュが手放せない状態で、よく「風邪ひいているの?」の心配されるのが申し訳ないです。今までの経験から、私はハウスダストにとても弱いようで、家は掃除が欠かせません。毎日床拭きをしてから掃除機をかけモップ掛けします。棚やテレビ回りなどほこりがたまりやすいところも毎日掃除します。それでも朝からくしゃみと鼻水がとまりません。そしてまた、冬はさらに症状が悪化します。乾燥も原因のようです。大事な用件の時や、あまりにひどい時は市販の薬でなんとこごまかしています。効き目はありますが薬が切れたらまたぐすぐすいうので、根治はできないようです。また、食事の改善も効き目があるということで、極力カップラーメンや添加物が多く含まれる食品を避け、野菜を多くとるよう心掛けています。長年患っている為、すぐに良くなることもありませんが、これ以上悪化しないよう今後も注意したいと思っています。

後鼻漏(こうびろう)の悩み解決ブログ

中学から紆余曲折あり、月経が止まり、数年後に、17歳ほどで再び月経が来たのですが、生理痛の前はひどく精神が荒れ、肌の調子もよくありませんでした。

そして、その痛みから痛み止めを常用、苦しみをぶつけることで父や家族に迷惑をかけました。

 『3年分溜まっていた痛みだろう。』家族とそう考え、時間だけが過ぎていきました。

それから1年ほど経った時、私は婦人科に行き、診察を受けエコーをとりました。

子宮腺筋症の悩み症状を改善

 検査がとても怖く、痛かったのは覚えています。

子宮にエコーを行った際は、『著者さんは子宮が小さいから痛むんだよ。』『ロキソニンで耐えなさい。』この指示でした。

個人的に、痛みが和らぐようにネットや本の情報で生姜湯や長風呂で体を温めてみるのを試みました。

でも、どんなに軽くしようとしても、楽にはなりません。量限界のロキソニンを口にし、必死で痛みに耐えるうち

【前兆→痛む→イライラ爆発→後悔する】このサイクルが定着。

苦しい以外何もなし。仕事も家事もできず、横になる事が多かったです。

 

しかし、転機は突然に起きました。22歳の時に

テレビで見た『プレフェミン』というお薬を買おうとしたときに、薬剤師さんが疑問を抱いたようです。

『公子さん。確かに、プレフェミンを売ることは出来るけどまずは婦人科に行きましょう。自分の意思をしっかり伝えれば、無理に検査はしませんよ』

 怖い気持ちを乗り越えつつ待合室で待ちました。

いよいよ診察です。

『公子さんは月経重いようだから、ピルを飲んでみましょうか。』

 お医者さんは『ラベルフィーユ』というピルを処方し、飲み始めると、まるで今までの事が嘘のように痛みが消え、出血も期間が決まり、今は非常に心穏やかに過ごせています。

 少し注意が必要との事ですが、とてもいい薬に巡り合えました。

小学6年生の時に生理が始まり高校生になるまで生理痛が、全然ありませんでした。

しかし、高校生になったぐらいから生理前には少しお腹が痛くなり、

生理1日目と2日目はすごくお腹が痛くなり動くと急に貧血みたいになって

めまいがしたりひどい時には、吐いたりもしました。

生理は毎月決まった日にちにきていたのですが、毎月毎月生理がくるたびに

お腹が痛くなると考えると嫌でした。

アルバイトもしていましたが、生理痛がひどすぎるので店長も女の人で優しく

生理の1日目から4日目ぐらいまたは、生理の時はアルバイトに入らず休んでもいいよと言ってくれて

いつも生理の期間はアルバイト休んでいました。

普段から薬を飲むことがあまり好きじゃなかったので薬は飲まず

お腹が痛いとお腹をカイロで温めたり、入浴でしっかり体を温めたりしました。

お腹が痛いだけではなく、吐き気や頭痛もあったので

生理痛が無い子がうらやましかったです。

子宮筋腫でも妊娠あきらめないで

社会人になり毎日仕事に行くようになるとアルバイトしてた時みたいに

長く休めるわけもなく生理の時も我慢して仕事に行きましたが、

仕事場でも頭痛と貧血で一度倒れてしまいその時に生理痛の薬を

職場の人からいただきました。

元から錠剤が飲めなくて薬は、粉薬じゃないと飲めなかったのですが、

仕事にならないし、薬を飲んで楽になるならと飲んでみました。

すると1、2時間たち薬が効いてきて生理痛がなくなりました。

薬を飲むまでは抵抗がありましたが、今では生理の時は欠かさず薬を飲むようにしています。

若いうちは、生理痛に悩まされることは無かったのですが、40歳を過ぎた頃から、生理前になると毎回、頭痛、肩こり、首の凝り、眩暈などひどく、逆に腹痛、腰の痛みなどは、気にならない程度のものでした。生理中は、2~3日は出血も多く、朝起きるとシーツに血が付いていることが度々ありました。更年期も近づいているせいか、生理通の辛さと更年期障害からくる辛さと本当に辛い思いをしています。頭痛があまりにひどい時は、頭痛薬の飲んで少しでも軽くするようにしたり、肩こり、首残りがひどい時は、サロンパスなどを張ったり主人から軽く揉んでもらっています。生理痛は、人それぞれ症状が違うのかも知れませんが、若いうちから体を冷やさないなど気を付けてればよかったと今更ですが思います。体の冷えも影響するんだと年配の人から言われました。更年期からくる症状なのかもしれませんが、生理の期間は、仕事中も辛く協力して頂いて横にならせて頂いてます。男の人にはわからない生理痛の辛さ。もう少し理解してくれる人が増えたら仕事も働きやすくなるのにとはおもいますが。生理痛で悩んでる方は、病院で薬をもらったりして、少しでも楽になるように自分なりに対応できるようにした方がいいと思います。自分ばかりと思わないで、女の人ならみんな同じ思いをしているんだと思って、辛い時には、友達ち、母親、人生の先輩であるおばあちゃんなどに相談したり話すだけでも楽になると思いますので、生理痛なんか!!と思って乗り切りたいと思います。

おすすめサイト:卵巣嚢(のう)腫の悩み原因を手術しないで改善|ブログ記事

冷えに弱くて、とにかく体が冷えるとオシッコに行きたくなったり、お腹を壊したりして、トイレの近さは本当に普通の人の何倍かわかりません。なので、旅行などは本当に慎重に準備して行かないと、トイレを探し回る羽目になってしまいます。どこに行くのにも、必ずどこにトイレがあるかチェックして、移動する場所の近くのトイレはどこか、戦々恐々とする毎日です。仕事での会議などは、お腹を壊さないように、前の日から断食するくらいです。飲み物の飲み過ぎでも、オシッコが近くなるので本当に断食状態でした。お腹が減り過ぎてヘロヘロの状態で会議に臨むので、会議の内容は全く頭に入って来ません。それでも会議中に、もらすくらいだったらと、断食してやり過ごしていました。そうこうしているうちに、妊娠して出産を経験しました。すると体質が変わったのか、よく汗をかくようになり、あまり体が冷える事がなくなり、トイレも遠くなりました。しかし、それは一時的なものだったようで、今度は出産の影響で尿漏れが多くなって、結局トイレに行く回数は変わらなくなってしまいました。多分私は一生涯トイレと離れられない人生なんだと思うと、切なくなってきて嫌になってきます。内心は早く老人になって、大人用おむつで生活して、色々な国行きたいなぁなんて思っています。トイレの心配さえ無ければ、私は世界中を飛び回り、世界中のアクティビティを経験したいと思うくらい、トイレに縛られて生きています。

頻尿の悩みトイレが近い中高年の夜間頻尿の対策と改善方法